ヤンゴン駐在員のグルメなびVol,20 Golden Crab House 中華レストラン

  • 2016/3/20
  • ヤンゴン駐在員のグルメなびVol,20 Golden Crab House 中華レストラン はコメントを受け付けていません。

Hiro氏がお届けする、ヤンゴンでの最新グルメ情報をお届けするグルメなび、20弾はHiro氏が教えたくなかった人気店
ミャンマーに来て初めて入った(2013 年5 月)中華レストランが、このゴールデン・クラブ・ハウスである。食品(エビ)商社の方が取引のあるレストランだと紹介頂き知ったが、それ依頼気に入り何度となく来ている。ローカルで大変賑わっている店で、これ以上に日本の方が増えると予約しづらくなるので、皆さんへ報告するのもためらっていた店である。

No.116(D),Thirimingalar St,8-male Mayangone Township,Yangon
Tel : 09-5004632 , 09-73152892 , 01-653575

Golden Crab House (30)

Googleマップの表示が間違っているので、ヤンゴン週報のマップで確認していただくと間違いないだろう。

場所は住宅地の中にあり、非常に分かり難い場所であり、初めての人は以下参考にして頂きたい。
*車の場合は、Pyay Rd とKyaik Waing Pagoda Rd から入れます。(どちらも入口に看板あり)
*Pyay Rd から入ると、3・4 回曲がりくねった先にありますが、どの曲り角にも看板あります。
*Kyaik Waing Pagoda Rd からが分かりやすく、電光看板の入口を入ると突き当りです。
*ジャンクション8ショッピングセンターからですと、裏道を抜けて上記黄色の道は徒歩でのみ行けます。
*グーグルマップ等に載っているGolden Crab の位置は間違いですのでお気をつけ下さい。
*各ヤンゴン地図にここの道路図は未だ載っていませんので、多少違うかも知れませんが、前項の地図を参照ください。
*車の場合はKyaik Waing Pagoda Rd から入られるのがお薦めです。
*2016 年3 月まで8 マイル交差点の立体交差工事を行っていますので、ピーRdの一本西側のミンダマRdからKyaik Waing Pagoda Rd へ入られるのが渋滞が少ないと思えます。

Golden Crab House (2)

こちらが2013 年初めて来たときからある旧館で、今でも現役の上、海鮮類のチェックは此方で!
(前項のレストラン写真は2014 年に出来た新館)

Golden Crab House (3)

この店で嬉しいのは生きた魚介類が楽しめること!(食材を選んで、料理方法を言いオーダーする)

Golden Crab House (4)

生簀水槽の横には、その日の食材の値段が重さKg 単位で表示されている。

Golden Crab House (5)

この店の渡り蟹は身が詰まっており外れが少ない

Golden Crab House (8)

五色海老は刺身もOK・大シャコは蒸し/揚げに!

Golden Crab House (6)

この日の魚は、生カツオ・ハタ等・・・・

Golden Crab House (9)

マテ貝もビッグサイズで!

Golden Crab House (7)

試したことはないが、スッポンもあり・・・・

Golden Crab House (10)

海老は残念ながら川海老であるが、味はOK

Golden Crab House (11)

新館(エアコン完備)のホール席でさえ予約しないと入れない状況・・・・

Golden Crab House (12)

旧館のホール席は、外部とオープンでエアコンは無いが、この雰囲気もそれなりに良い
(旧館・新館とも大小の個室が設けられており空調完備であるが、予約は1 週間前でも取れない場合が多い)

Golden Crab House (13)

突出しでだされる【昆布のニンニク和え】・【ピーナッツ】は癖になる味

Golden Crab House (14)

【川海老のボイル】350g 10500Ks (1Kg 30000Ks)

Golden Crab House (15)

【マテ貝の春雨添え蒸し】550g 9900Ks (1Kg 18000Ks)

Golden Crab House (16)

【生カツオの唐揚】600g 24000Ks (1Kg 40000Ks)

Golden Crab House (17)

【渡り蟹のボイル】700g 18200Ks (1Kg 76000Kg)

Golden Crab House (18)

【焼き豚】5500Ks

Golden Crab House (19)

【干豆腐のピリ辛炒め】3800Ks

Golden Crab House (20)

【ニンニクの芽とベーコン炒め】5500Ks

Golden Crab House (21)

【豚入り焼きそば】3000Ks

Golden Crab House (22)

食後はサービスでフルーツ、この日はスイカとパパイヤGolden Crab House (31)

ここのメニューは写真付きのミャンマー語・英語・中国語で表記されている。

Golden Crab House (32)

メニューは2013 年と同じではあるが、殆どの料理が値段的にはUPしており、ミャン
マーの物価上昇がここでも見て取れる。

Golden Crab House (33)

今回写真紹介はしなかったが、【陽州焼き飯】は是非とも試して見て頂きたい(本場の味!)

Golden Crab House (34)

お酒類は、ウイスキー・ワイン・白酒・老酒・韓国焼酎など、お手頃価格で取り揃えてある。

Golden Crab House (35)

オーナー(老板)家族のEsther Yang(楊さん)さん
2013 年5 月に来た時から、Esther Yang さんにはお世話になっている。両親は中国人で本は中国籍なのかミャンマー籍なのかはハッキリ聞いてはいないが、彼女は中国語(普通語)がペラペラで、この店で彼女との会話は殆ど中国語で行えるためオーダーには重宝している。中国人らしくビシッとキツイ面はあるが、明るく楽しく食事をさせてくれるので、まず注文前に、彼女にその日に入っている食材・お薦め材料などを聞いてから、お薦めの調理方法のアドバイスを受けてオーダーするのが良い。前にも記したが、ローカルで連日満席となっているため、夕食時の利用には事前に予約をしたほうが良い。(昼食時は予約不要)また場所柄、閉店時間はダウンタウンより早く午後9 時には閉まるので、遅い時間の夕食には適さないのでご注意願いたい。

駐在員Hiro

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ミャンマーに初の証券取引所 日本の出資でオープン

    ミャンマーで初めてとなる証券取引所が、日本の大手証券グループなどの出資によってオープンし、企業が株式…

話題をチェック

  1. ミャンマージャパンSEDAの第三回年次総会がMYANMAR CONVENTION CENTREにて開…
  2. 2015年10月1日BLACK CANYON COFFEEグランドオープニングセレモニーがヤンゴン・…
  3. 2015年12月17日 DOWAホールディングス株式会社 (コード番号:5714 東証1部) …
ページ上部へ戻る