ヤンゴン駐在員のグルメなびVol,13 Aya Cafeteria日本食レストラン

  • 2016/3/12
  • ヤンゴン駐在員のグルメなびVol,13 Aya Cafeteria日本食レストラン はコメントを受け付けていません。

今回ご紹介する日本食レストランは、ヤンゴン市内インヤーレイクの畔にあるIBC(インターナショナルビジネスセンター)前からピーRd を西に入ったDhamayon St に、今回紹介する日本食レストラン「Aye」がある。日本人がさほど立ち寄る様な場所でもなく、隠れ家的な店で客の大半は、フランス人・韓国人・中国人であるとのことであるが、東京に10 年間住んだというオーナーシェフの作る料理は、正しく日本の家庭料理である。

No.586 Dhamayon street,10wards,6miles,Hlaing township,Yangon
Tel:09-5042723 ・01-510007

Aya Cafeteria (2)

2014 年11 月14 日にオープンしたというAye は喫茶店であるがメニューは日本食が主で、朝のモーニングからランチ・ディナーに利用できる時間帯で開店している。

Aya Cafeteria (3)

ハンバーグ定食・焼肉定食・豚キムチ定食・生姜焼定食・塩さば定食・鶏照焼定食 6000ks~

Aya Cafeteria (4)
オムライス・巻すし・焼き飯・おにぎり・各種カレーライス等のご飯もの

Aya Cafeteria (5)

牛丼・カツ丼・親子丼・天丼等の丼ものに、焼うどん・焼ビーフン・ナポリタン等の麺類

Aya Cafeteria (6)

蕎麦・そーめん・ラーメン・焼きそばも3500ks~あり

Aya Cafeteria (7)

一品ものでは、各種天ぷらや・・・・

Aya Cafeteria (8)

お好み焼き・揚げだし豆腐・餃子・焼き鳥・イクラ和え等はビールの当てに・・・・

Aya Cafeteria (9)

野菜サラダ・海鮮サラダ・ポテトサラダに、ミャンマー風にか茶葉サラダもあり・・・・

Aya Cafeteria (10)

牛鍋・豚鍋・鶏鍋・海鮮鍋の鍋物に、水餃子も・・・・

Aya Cafeteria (11)

日本企業がマレーシアで製造の冷凍ピザも5000ks で・・・・

Aya Cafeteria (12)

本来は喫茶店であり、ホット・アイスの各種コーヒーに、サンドイッチ・トーストなど

Aya Cafeteria (13)

また各種ジュース・アイスも・・・・

Aya Cafeteria (14)

仕事帰りに寄ったので、ビールの当てに「焼き餃子2500ks」皮も自家製で少し厚め

Aya Cafeteria (15)

メニューには川海老とあったが、「小エビ唐揚 2500ks」塩を振りビールに最高

Aya Cafeteria (16)

「オクラの和物 1500ks」は小振りな物を厳選してありgood もちろん味も

Aya Cafeteria (17)

サービスで出してもらった「ツナサラダ 4000ks」 注文したどの品よりも高価であったが

Aya Cafeteria (18)

この日の私の夕食、ビール2 本を加えて11500ks

Aya Cafeteria (19)

喫茶店ではあるが、表の看板にも日本食居酒屋風な案内がされている。

Aya Cafeteria (20)

翌日懲りずにランチに再来し「ナポリタン 5000ks」ソースもオーナーシェフの自家製

Aya Cafeteria (21)

ランチ時のナポリタンには、ミニサラダ(ツナサラダ)が付いており・・・

Aya Cafeteria (22)

「海鮮鍋定食 8000ks」火にかけた小土鍋で出され、食べる前に卵とじにして頂いた。

Aya Cafeteria (23)

二日続けて来た日本人が珍しかったのか、この日は食後にコーヒーもサービスされ・・・・

Aya Cafeteria (24)

フルに入って30 名ほどのテーブル席で、清潔感のある明るいイメージの店内

Aya Cafeteria (25)

中央がオーナーシェフのAye Thidar Thein さんで、右が彼女のお姉さん、左が息子さん Aye さんは10 年の日本滞在経験があり日本語堪能、息子さんも日本語勉強してるとのことで多少はOK、普段通らない路地にあり知る人ぞ知る隠れた日本食レストランである。

Aya Cafeteria (26)

食事後にオーナーのAye さんに紹介されたのが、レストランはビルの1 階にあるが2 階は日本企業に事務所として貸しているが、その会社が新鮮な海鮮を販売しているとのことで、2 階のその会社へ案内してもらった。その会社はMyanmar Sunrise Co.,Ltd(㈱松岡の現地法人)で、もともとはミャンマーの海老を日本へ輸出するのが主な事業であったとのことであるが、最近は日本から新鮮な魚介類をミャンマーへ冷凍コンテナで輸入し、現地のホテル・レストランへ卸売りしているとのことで、輸入の一部はゴールデンヒル・タワーのミニショップと、無農薬野菜販売のグリーン・ヒルにも卸している。個人向けに小売販売は基本的にはしていないとのことであったが、一時保管のシュエピダ工業団地内にある冷凍倉庫からスタッフが、この事務所の冷
凍庫へ毎日少量サンプル的に運んでおり、事務所まで来てくれる人には販売もしてくれるとのことであった。この日見せてもらったのが、刺身(生食)用のブリ・サーモン・ホタテ・イカに、三枚下ろしの鯖5 枚入り、小粒ホタテ1kg、紅さけ、イクラ醤油漬け、ししゃも、ボイルズワイ蟹1.8kg、さんま5 匹入り、ムール貝、牡蠣、鱈、ブラックタイガー1.8kg、伸ばし海老(天ぷら用)等々があった。次回の輸入では日本の三陸沖で取れた真イワシを漁協で真空パック・急速冷凍したもの(生食OK)や、生食用のイカでもワタが大きなものを選別して塩辛用のものも輸入するとのことであった。私個人的にはレストランもさることながら、日本からの新鮮海鮮食材の入手先を見付けだし、嬉しい発見であった。

駐在員Hiro

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ヤンゴン駐在員のグルメなびVol,07 ビルマ料理 Padonmar Restaurant

    ヤンゴングルメ情報。Vol.07はミャンマー油を控えめにしたビルマ料理のご紹介 (ビルマ)料理は油…

話題をチェック

  1. 世界的な時計メーカーであるフランクミュラーを取扱うTM-KW Trading Co., Ltd.は3…
  2. 2015年11月2日ヤンゴンインターナショナルホテル敷地内において、出雲大社鎮座祭が行われま…
  3. 2015年12月22日 ユネスコ パナソニック株式会社 ユネスコ、パナソニ…
ページ上部へ戻る